2011年03月31日

出欠を取りますw

まあ、そんなことはできないのだが。
このseesaaブログの機能の中で訪問者のOSやブラウザが分かる機能がある。
ちなみにipは分からない。

ここを見ている人たちの環境を聞いておけば
訪問者が誰なのか分かるのだが、
そういやそんなことをヒアリングしたことなどないなぁ。

なので、誰が見ているかはよく分からないけれど
なんせ数えられる程度の訪問者数なので、
環境の種類=訪問者数という感じ。

(えーっと、あまり多数派ではない方法で閲覧している人は
 少なくとも『Windows2000さんが今日見に来た』ってのがわかりまっせ)
 "Windows2000さん"が誰かは分かりませんが。

んで、注目しているのがIE7を使っている人。
IE8に変えないのか?と気を揉んでおります。
# 変えられると多数派に紛れてしまうので変えないでおkです。

次にケータイで見ている人。
機種変の営業に行こうと思ってしまいます。

そしてグーグルクロームを使っている人
…が、居ない(見えない)。
私の周辺は流行モノに走らない人が多いのか?
『ソフトはナマモノ』とばかりに飛びつくよりも
『金を払ってバグ捜索隊の仲間入り』をしたくないのだろうか。

まあ、一番訪問数の多いのはロボット。
こいつが来たときはエッチなトラックバックが入るので
景観上さっさと消してます。

といったことをツラツラ思いながらログを眺めてたりします。
どれが誰だか判らないのに、ね。


そういや友人のスマートフォンを見た。
スタイリッシュで機能も多そうであり、とても魅かれたのだが、
彼が鳴っている電話に出られないのを間近に見て
自分が使えるかとても心配になった。
posted by あーりー at 03:13| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月28日

計画停電長期化

輪番停電とも呼んでいる東京電力の配給だけれども
ロシアからLNGを買ってまでも電力需要に応えようとする
心意気は良いと思う。手段は悪いと思う。
さておき、都心のオフィスの勤め人の多くは
日中の2時〜3時に停電すなわち空調が切れることに
命の危機をも感じている…。

しかしながら、私は一度やってみてほしい。
東京の気温を押し上げているのは多大な空調排気が原因
というのが私の持論

望むらくは『空調だけ電源断』のような停電を試したい。


posted by あーりー at 02:17| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月20日

理科の知識

多少のアレには目を瞑り、わかりやすく説明しているが

----------------------------------------------------------------------------------------
http://news.www.infoseek.co.jp/topics/society/n_nuclear_power_plant_2__20110320_27/story/postseven_15546/
デマに惑わされるな 「原子炉内で起きていること」基礎知識 (NEWSポストセブン)

 枝野長官が最初のうち、明らかに「放射線」「放射能」「放射性物質」の違いをよく理解せずに会見していたことは由々しき問題だが、一般国民の認識では、専門知識がないのは当然のことだ。まず、「何が起きていて、何が危険なのか」を正確に知る必要がある。

 誤解が多いが、いま福島原発の原子炉内で起きていることは恐らく「核分裂」ではない。もちろんごく小さな核分裂反応は起きている可能性が高いが、原発を動かす莫大なエネルギーである「臨界」は地震直後に止まっている。臨界とは、核分裂反応が次々と連鎖的に起きる状態のことで、この反応速度を制御できなくなると、チェルノブイリ事故のように加速度的に反応が速くなり、爆発に至る可能性がある。

 いま原子炉で起きているのは、原発が運転していた時に核分裂反応で作られた核分裂生成物が熱を発している、という問題である。

 核分裂したウランやプルトニウムは、もっと軽い別の物質に分かれる。「核が分裂する」とは、そういう意味である。この生成物も放射性物質だが、そのままの状態では長くは留まらない。

 再び別の物質に変化し、さらに別の物質に変化し、さらに……という反応を繰り返し、最終的に放射性を持たない物質になって反応は終わる。この反応を「ベータ崩壊」と呼び、その際に「ベータ線」という放射線が出る。その過程で現われる生成物は数百種類もある。

 そして、その反応の際に大量に熱が出る。これが「崩壊熱」で、いま原子炉を熱くしている正体はこれである。このベータ崩壊は、多くの熱を発するものの、いずれ自然に収束する。その最終段階まで至るのに要する時間が問題になるが、一部は非常に長い年月をかけて進む反応もあるが、多くは数日で急速に発熱量が減る。だから、仮に放置しても崩壊熱は数日単位で収まっていくのである。

 ではなぜ慌てて冷やす必要があるのか。それはまさに、放射性物質を原子炉の外に拡散させないためである。崩壊熱は巨大である。今回「空焚き」になった燃料棒は、2700度以上に達したと見られており(その温度にならないと溶けない被覆管が溶けたので)、これだけの熱があれば、鋼鉄製の圧力容器を溶かす、すなわち炉心溶融(メルトダウン)を起こす危険がある。鉄の融点は1500度程度だ。

 つまり、仮に核分裂が止まっていても、崩壊熱によって原子炉が壊れ、すでにベータ崩壊の過程で大量に発生している放射性物質、反応で生じる放射線が外部に漏れ出す恐れがある、というわけである。

 ちなみに、細胞を破壊するなどして人体に影響を与えるのは「放射線」であり、物質がその放射線を出す能力を「放射能」、その放射能を持つ物質を「放射性物質」と呼ぶ。従って、一般的に使われる「放射能が漏れる」というのは少し問題ある表現で、正確には「放射能を持つ放射性物質が漏れる」ということになる。また、原子炉の穴などから直接、「放射線が漏れる」ことも重大な問題である。

※週刊ポスト2011年4月1日号

----------------------------------------------------------------------------------------

んで、この知識はいつ学習するのか?ということを問題に感じる。
もちろん私はより安全で多くの電力を得る方法があれば原発を卒業してもよいと思うが
現状ではナカナカそうはいかないので原発容認派です、世界の流れと同様に。

私はジョークと捉えているけど
『自分の家に来る電気を火力発電や風力水力等の自然エネルギーの発電それに原子力発電とを
分けて受電できるようにしてほしい。それならば嫌いな原発の電気は買わないのに』という発言

斯様に原子力に関してアレルギー反応を示す方面が居る現実に対しては
国家政策的に原子力を推進する以上は国民を洗脳もとい教育するべきではないかな?と思う。
それほど難しい話ではない。おそらくは中学生でも理解できる程度の話。
私はつ離れしたころから渋谷で遊び回ってたが、お金がないので電力館で涼んでいたりした。
まあ何度も話を聞けばそれなりにわかるものだ、小学生でも。



さて、最後ではあるが自衛隊、消防、警察、電力会社やその協力会社などなどの
方々の尽力により事態は好転する兆しが見えてきている。
危険だと判っていても現場に行き皆さんを救おうとする尊い心意気と活躍に
敬意と感謝を捧ぐ。


そんな中で
ピタゴラ装置いろいろ
http://www.nicovideo.jp/watch/sm11978296
ピタゴラスイッチまとめ
http://www.nicovideo.jp/watch/sm8561207
のをみていたりする私なのだが。
posted by あーりー at 19:02| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月16日

頭が重い

病的なものではなく物理的な話です。
どうも枕がすぐに弾力を無くす。
低反発素材なんて買おうものなら数週間で
凹みが戻らなくなる。
花粉症で頭部に(涙や鼻水などの)
水分が滞留しているからだろうか?

ま、どうでもよい妄想はさておき
ちょっと古めのこと。
京都大学の入試のカンニングについて雑感。
さすがに文系数学だと中学・高校の授業をちゃんと
聞いていれば解ける問題だ。
京都の文系なら数学で差をつける訳でもないだろうし。
これはこれで良い試験のスタイルだと思う。

しかしながらカンニングが問題になるのなら
別のスタイルを取ることも検討して良いかも。
大学生なら大抵は経験している
『なんでも持ち込み可』の試験。
半端に高校の学習程度などと加減するのを止めて
『ウチに来たいならこれを解きなさい』という
歯ごたえありまくりの出題。



地震について。
原子炉が騒がしい。
後手後手と言われているすっから管の空き管首相の
「しっかりやる」「ちゃんとやる」という毎度の言葉だが
私の大学の同級生や先輩の口に出す同じ言葉は
とても厳しいものだ。
緻密に念入りに隙無く完璧にやることが求められ、
体育会系の言う「しっかりいこーぜ!」(→「ドンマイ」)
という言葉とは全く異質なものである。
己の全力ではない。他者から見ての完全性だ。

さて、理工系出身の彼の首相はどの意味で使っているのだろう。
そしてその意図は「ちゃんと」伝わっているのだろうか。
# それとも首相が「ドンマイ」系で使ってるのか?

原子炉については自分はそれほど心配していない。
大事故だということも危険な状況も認識しているが、
東京電力の培っている技術と、
スタッフ達の原発に対する気概が信用する根拠。

それよりも関東には(あまり知られてないが)
大学や企業などの研究機関が持つ原子炉があり
そっちの方がはるかに心配だ。



地震に伴う福島原発の停止により
私の使う東急田園都市線が(私の思う)理想的な運行状態になった。
# 普段の激混みが緩和されている。
全ての列車を各駅停車にし、伊勢崎線との直通を停止。
前者により急行等へ乗客が集中するため、
待つ人の駅ホーム混雑、
緩行列車の乗客の急行停車駅での降車による停車時間の増加
急行列車への乗車時間の過多による遅延発生
などなどが無くなった。
後者はそもそも直通接続運転が始まってから
遅延が増えた気がするので、予想が裏付けられた感じだ。

結果として各駅停車のみの運行なのに
急行を利用するのと同等の所要時間。
もっと良いのは『ダイヤ通りの運行』という点。
しかも乗客数が平準化されている。

間引き運転とか省電運転とか他では不満噴出中だが
こと私の使う路線に限って言えば十分合格点なダイヤ改正だ。
このままでいいぞ、東急!
posted by あーりー at 01:03| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月13日

じしん

11日に発生した東北地方太平洋沖地震に被災された方々には
心からお見舞い申し上げます。

幸いにも自分および自分の家族には何事もなく安堵したが、
こんな自分にも身を案じてくれる人が居たことに感動した。
ありがとう。
その気持ちに深く感謝します。
ほんの一言程度のつもりだったのかも知れないけれど
今の自分には砂漠に水の例えのように染み入りました。


さすがに30年以上も東急電鉄とお付き合いしていれば
どんな状況で駄目で、どこまでなら復旧するかがなんとなくわかる。
今回の地震では沿線で直撃もなく、電気系統も無事。
となれば点検は結構早いので夜半までには復旧すると予想。
# このとき東京電力でもっと発電能力が落ちていれば別判断ですな。
予想より早く23時に復旧のニュースを得、帰宅。


今の職場の何が気に食わないかと言えば
こんな災害時に何の役にも立たない所。
ライフラインと呼ばれなくなって久しい固定電話だが
交換機にはエンジン(発電機)から供給される電源にて
当分は動くのだが、それでも備蓄されている燃料が切れれば
ただの鉄の塊だ。

普通に電線が切れても直せない集団。
燃料も運べない。
ホントに役立たずだな。

昨日は帰れるようになってスグに帰ったが、
交換機のサービスを制限して消費電力を下げるようにするとか
伝送ルートを修正して被害地域を減らすとか
そもそも被害状況を拾い集めて集計するとかの細かいことも含めて
何も出来ないので帰れるようになった途端に帰った。不満一杯だ。

これでは何のために阪神淡路大震災級の地震にも耐えられるビルで
仕事をしているのかワカラナイ。早く仕事を変わりたいものだ。
posted by あーりー at 01:51| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月08日

雪とクルマと

雪にはあまり良い記憶が無い。
どちらかといえば寂寥感に襲われる。
静けさは好きなのだが。
前の車は雪の翌日に走ってお別れだったのも思い出す。


今日は愛車のリース残存価額が届いた。
\1,000-

一瞬『価値の無いクルマ』と聞こえてしまった。
『ローンを払い終えてます』という意味だ。

イロイロ回想・妄想したけれど、困ったのは
『10年前のクルマだけどマダマダ最近の若いヤツには負けないね』
とかいうオヤジな発想。
最近の若い人たちはクルマで遊ばないよ!
とかいう突っ込みでもあればまだマシなのだが、なんせ妄想中。
自分のオヤジさというか僻みっぽさを自覚してしまったわけだ。

まあ、この際だから更に15年くらい乗って
子供のおもちゃにでもしようか?
地で行くイニシャルD
…その頃はガソリン車に乗る人は犯罪者のように見られるのだろうな
今の喫煙者のように。

落ちているときにはロクなこと思いつかない。
しばしの間はたゆたうとしよう。
posted by あーりー at 01:28| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

やや落ち

不意に自分の内面を写す鏡が現れて、それを直視してしまった、という所か。
多くには申し訳なく、また他方には恥ずかしく、感ず。

未来は自分の前にあるものだとか頭で唱えても
自分の前には鏡に映った過去があったりする。
posted by あーりー at 00:54| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。