2011年10月30日

くま

ワタシの携帯にはクマが居る。
リラックマだ。
こいつらがイロイロなバージョンでランダムに表示される設定なのだが
また仕事でトンデモなく忙しいときにふと見ると
昼寝をしていたり、おやつをほおばってゴキゲンだったりする。

頭に血が上っていたのが急に冷めて
仕事でテンパってるのがあほらしくなる。
女子のカバンや携帯にぶら下がるのはそれほど多く見かけないので
女子向きではないのか?とか思ってしまう。

それはそうと、野生の方のクマは現れると大変だ
http://www.asahi.com/national/update/1030/HOK201110290006.html
クルマは急に止まれない。避けたら転んだ、というところか。

様々な野生動物に出会ってきたが
クマと蛇は注意看板までしか出会ってない。
・・・だから生きているとも言える。


今日は土曜日なのに歯医者のために午前中に起きた。
歯医者以外に活動をしたので、休日が長い気分だ。
都内に出掛けると、学園祭シーズンのようで、
そこここのキャンパスで人だかりだ。

文化祭・学園祭の雰囲気は好きなので立ち寄ってみたいが
ウェルカムなはずの門扉が、どうも他所の学校という所からか
敷居が高く感じる。同行者でもいれば敷居は低くなるのだが。

posted by あーりー at 05:12| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月29日

算数をしてみた

昨日日本の人口が(判る限り)史上初めて減少に転じた、とニュースがあったので、
少し算数をしてみた。

算数というだけあって易しく考えるのだが、年金談義。
まあ、老人(引退世代)を青年(現役世代)が支える構図において、老人1人に
対して青年○人という表現を第一に考えてみた。

年金制度を設計した戦後直後は○は大体10程度だった、と聞く。
最近は3程度であり、今後2や1に近づく、とも言われている。

これってどういうことか?
まあ、人口が増加傾向にあり、人口の年齢毎の人数が老齢化するほど少なくなる、
ということと、20歳〜60歳の人口の1/10程度がピラミッドの上部に乗っ
ている計算・・・絵にしてみた。

▲▲
▲▲▲
▲▲▲▲
黒い三角部分が現役世代、白い部分が引退世代として、こんな感じかな。丁度
白が一割だ。3段で40年分の現役世代なので、三角形は1個13年ピラミッド。
頂点は概ね73歳ということか。(そんなに長生きではなかったかな?)
しかし人口の増加というよりも経年で死んでいく人数が本当にこの形であれば、
言い換えれば46歳程度で半分死ぬような世界であれば、今後も永続する制度だ。

皮肉を言っても始まらないので計算を続けてみた。
現代の医学だとナカナカ人は死なない。病気や事故という死亡率を高確率で考慮に
入れると(頭が)破綻するので、生まれた人は全員生き、働き、平均寿命のときに
一斉に天寿を全うすると仮定する。




黒い部分が現役の時間で、白い部分が引退後の時間とすれば、一人ひとりは
こんな人生になるわけだ。まあ、前提を持ち込めばそのまま
□□□
■■■
■■■
■■■
となるのだけど、図が正確ではないな。
なぜなら平均寿命が伸びていて、男性は79、女性は86になる。
すると…

□□□□
□□□□
■■■■
■■■■
■■■■
■■■■
という形になる。今度は一つの区画で約10年だ。
まあ数を数えてみれば現役世代16人で引退世代9人を支えるのだから、
引退世代1人を支える現役世代の人数が約2人になるというのが、この図。
巷間言われている老人1人を成人2人で支える危機なんてのは
『人口減少期は考えてない』ということであり、危機でもなんでもない。
現在の第二次ベビーブーム世代の現役の膨らみ部分が緩和しているだけだ。
既に制度的には老人1人を現役2人で支える制度になってしまったのだ、
寿命が延びたことで。


この図で現役5人で引退1人を養うようにするには塗り絵の問題。

□□□□
■■■■<=黒く塗る
■■■■
■■■■
■■■■
■■■■
のように現役を伸ばせばよろしい、という発想。
働く時間を10年延ばして年金受給年齢を10年繰り下げる。
算数的にはこれで約1/5。
現役世代が毎月4万円支払って引退世代が20万円受け取るくらいか?
現在の日本の平均年収からすればもう少しあげられるかもしれない。
ちなみに毎月4万円とは日本の平均年収から計算したらば
概ね収入の1割程度に相当する。

この図で注目は70歳定年制=70歳の人間が20歳の人間と同等に価値を創造
し社会へ提供せねばならないこと(大分不可能な要求だが)よりも、一番右端の
列に居る『死ぬまで働くor働いている間に死ぬ』という群。
働き続けて年金を払い続けて、受け取ることなく死ぬ。正確な表現では50年間
働いて引退し、その後は5年程度の余暇で死ぬのだ。
女性は15年くらい余暇があるので、老後を十分に楽しめるだろう。


ここまでの辛い想像に満ちた想定は人口が十分に減った後の安定期での話だ。
そして私ら第二次ベビーブーム世代以降は、より過酷な算数の上を生きる。
減少期を迎えた今、上の図のような寸胴型の人口分布になるのではなく逆三角形。

□□□□
□□□□
■■■■
■■■■
■■■
■■
こんな感じか。
現行制度が変わらなければ引退世代1人を現役世代1.5人程度で支えている。
# 年長者は『そこらのヒヨっ子が1.5人程度じゃぁ無理だ』とか言いそうだ。
# 感情論ではなく算数=机上の空論なので混同注意。

年金で暮らせないから生活保護を受けるという話もあるくらいだから、生活保護
費の削減とかの方が先にあるべきだとは思うが、少なくとも私らの世代が覚悟す
るべきなのは、
1.70まで働かなくてはならなくなること。
  つまりはそれだけの能力を70歳まで維持しなくてはならない。
2.1.に似ているけど70まで働ける口を確保しなくてはならない。
3.年金は年齢や資格などで受給可能になる門が狭くなることを覚悟。
  ある年齢で自動的ではなく、何らかの理由がないと受給資格を得られないかも。

というあたりなのだろうけれど、
1.の時点で『70歳で朝のラッシュに乗るのは不可能では?』と到る。
posted by あーりー at 00:51| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月24日

極端な考えなのは承知の上で

昨今就業率の低下=失業率の拡大、貧困、治安の悪化等の
一連の流れが起きている中で、
(十分働けるのに)働かない人間のために失業保険や生活保護を支給したり
死刑にしてくれと殺人を働く輩も居る。

懲役刑に似た強制労働を義務付けることは出来ないだろうか?
ウチの上司の表現はマイルドに『何でも良いから仕事を作ればいいんだよ』だったが。。。


さて現在の政権の稀なる経済政策のおかげで円高が大きく進んでいる。
嫌味な言い方をすれば『円の、日本経済の力を高く評価されて嬉しい』となるか。
比べてみれば隣国ではウォン安が絶好調だ。
あの国家のロクでもない評価がそのまま現れているのだが
嫌味な言い方をすれば『自国通貨安政策が成功して、輸出業が好調で良い』となるか。
円とウォンのスワッピングなんかしてないで(どうせ踏み倒されるので)
『○○円払うから竹島から出て行ってくれ』という言い方は出来ないだろうか?
posted by あーりー at 01:55| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月17日

放射能騒ぎ

世田谷弦巻のニュースの件。
由来が福島原発でないと判った途端に
騒ぎは小さくなったのだが、良いのか?
そこに住んでいた婆さまが健康だったのが
気に入らないのだろうか?

一例を挙げて「大丈夫」と主張するほどの
剛の者ではなく、「大丈夫な例がある」
くらいは言うソフトな論者は居ても良いと思う。

どうもプロ市民に迎合する論者も多いなぁ。
posted by あーりー at 03:54| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月14日

お手軽旅番組

『世界の車窓から(テレビ朝日)』が気に入ってる。
プチ世界旅行をしている気分を味わえつつ
さっくり終わる(正味2〜3分)のが良い。

クルマ好きなので
『世界の街道をゆく(テレビ朝日)』も良い。
同じく正味2〜3分。

…撮り溜めしすぎて大変なことになってる。
段々「気軽な世界旅行」にならなくなってる。

そこへきて
「全国百線鉄道の旅(BSフジ)」を見てしまった。
今日は指宿枕崎線。日本最南端を走る路線だ。
知覧やら日石の石油基地、そして指宿の唐船峡そうめん流し
# 回転式はここ発祥らしい。
## 水流が反時計回りなのはそうめんをすくう時に
## 右利きにとって易しいようにとの配慮らしい。
## と解説してくれた友人は左利きなのが妙に面白かった。
## 本当にすくいにくそうだった。

むむむ、ワタシの友人を訪ねた旅をそのままトレースするとは
センスがよろしい。
だが、その友人への(お金ではない)借りを
返してない申し訳なさも思い出す。
彼も貸しとは思ってないだろうから余計にスマナク思う。

列車が好きなのではなく列車で旅をするのが好きな人向けの番組だ。
途中下車系の番組構成。
実際に途中下車しながら同じ観光を行うのは困難なのは目を瞑ろう。
# 1時間に一本の汽車を途中下車観光なんて、ねぇ。

分割すれば『日本の車窓から』になるのに1時間番組。
なかなか手ごわい。
やや気に食わないのはこの番組のスポンサー。



後は余談。
旅番組をザッピングしていると、たまに自分が訪れたところを
やっている時がある。
テレビの力はずるくて、一般人は入れないところを入っていく時がある。
そりゃ絶景とか見えるよな〜(ワタシは見られなかったのに!)
と悔しさや羨ましさを思うことがある。
posted by あーりー at 03:02| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月12日

久しぶりに夢を見た

睡眠のリズムはおおよそ90分周期と言われているが
ワタシは2時間くらいあるのでは?と思ったりする。
体感的に110分くらい。

90分計算で寝ると夢を見てるタイミングで
目覚ましに起こされるはずだが、、、
まあ熟睡していると思うことにし、深く考えない。

ちょうど三連休に睡眠時間の借りを返したようで
久しぶりに夢を見た。

掌くらいの大きさの毛に覆われた蜘蛛
=タランチュラ?=に襲われる夢。
一生懸命サンダルを振り回して潰したのに
背中にちくりとした感触と意識が遠のく感がし
気を失う直前に背中に回した手には毛むくじゃらの感触。

「ああ、1ミスしたぁ・・・」と考えながら気を失い

そして目が覚める。

・・・「1ミス」って何だよ!、と夢を見た自分に突っ込むのだが
さておき、蜘蛛と夢見について調べると
「予期せぬ問題の発生、不注意から生じる問題。
 無数の蜘蛛を見るのは健康状態や環境的なストレスに注意。」
とある。

あまり吉兆ではないようだ。
どちらかと言うと凶兆のようだ。
毒蜘蛛の中でも最強のタランチュラだから相当だろう。


もう少し良い(ことが言われている)夢をみたかったものだ、
占いの類は信じないが「あなたの顔は(運勢が)悪い」と言われれば
気分を害するというのと通じるものだ。
posted by あーりー at 01:35| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月11日

そろそろか?

ワタシの嫌うとある通信会社の牙城が崩されようとしているようだ。
iPhone
KDDIからも出るとのことで、softbankからの解約が騒ぎになっている。

http://www.j-cast.com/2011/09/23108071.html

利用者のことなど振り返らずインフラを疎かにして
繋がらない事を放置してきたのだから
まあ自業自得と言えばよいのだが、
これでは単なる商売人の考え。

仮にも通信インフラ = ライフラインを預かるのだから
その責務というものをキッチリ考えていただかないと困る!
というのがインフラ屋の考え。

電話を含めたネットワークの基本は「使いたいときに繋がる」こと。
故障の頻発などは当然許されるはずはないが、
故障もないのに繋がらないとはあきれるばかり。

金儲けの商売という気分で通信を扱うのならば
この市場から退場していただきたいと常々考えている。
単なる商売をしたいのならば国民生活に影響が生じない分野で
やっていただきたいな。


どの分野でも商売人には魂が要るのではなかろうか?
気概とも誇りとも呼ぶかも知れないが。
金の亡者になってはいけないのでは?と思うのは綺麗事だろうか。。。

posted by あーりー at 01:01| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月09日

あまり語らないが

ワタシは結構カレーが好きだ。
多くの日本人に共通する程度より少し強めに。
平均的な日本人の家庭では
週に一回程度食卓に上るとの調査結果もあるが
その位プラス外食のカレーが週に一回くらい挟んでも良い。
おウチのカレーと外食のカレーは異なるものだし。

食べ物の好き嫌いはあまり無いが、
自分の中のカレー評価が高いのは
野菜が多いから安心できる、という点もある。

ラーメン、カツ丼といった食事はややもすると
高カロリーでエネルギーの充填には役立つが
健康の維持・促進という観点からは脂肪分も多く
不健康な"気がする"
しかしながらカレーには一緒に煮込んだ
ジャガイモを始めとする野菜たちが
健康の維持・促進に役立つ"気がする"
あくまでも勝手なイメージだが。

んで、ワタシの好きなカレー屋さんである
柏ボンベイ
サンプラザ中野も歌った程に
多くの人に愛された名店だったが閉店になった。

…そして幾年かが過ぎ、
柏在住の上司と飲んでいる時に話題になり
思い出したように本日ネットで探してみた。
あの味を再現する店が現れていないか、わずかに期待して…

http://curryhouse-bombay.com/
復活してました!!!
やっほーい♪
しかも閉店時間は22時。会社帰りに寄り道をしてこよう。
# わざわざ逆方向に2時間近く掛けて行くほどのコトです、ワタシには!
posted by あーりー at 01:20| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。