2011年02月15日

ひらひらと

雪が舞い終わる頃に花粉が舞い始める。
季節感と言えばそれまでだが、あまり嬉しくない。

冬は好きな季節だ。
喧騒もどことなく迫力を無くし、静けさが支配する。
また、アクティブな活動を助長するような大小の声も無い。
空気の冷たさがまた良い。
タバコを吸うのにとても快感を覚えるのだが
どうもタバコ呑みの中でも共感は少ない。
体を中から冷やすことと毒を入れることを同時に行うので
ある意味死に近づく体験を楽しんでいるのだろうか?

メンソール系のモノを口にしながら冷気の中で深呼吸する感じ
と表現すればタバコを吸わない人に感覚が伝わるだろうか。

まあ、なんにせよ一年で一番寒い時期。
この時期を楽しもう。


交通機関の弱さなども楽しむ方向で。
posted by あーりー at 03:16| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月12日

一言愚痴を

バカに馬鹿呼ばわりされると疲れません?
こんなことで疲労する自分が未熟なのかも知れないけれど。
posted by あーりー at 03:47| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月06日

また国売りか

どうも民主党政権は国を売る材料には事欠かないようだ。
日本に多い金の亡者どもを『経済的メリット』と『国際化』という
二つの呪文で黙らせている。
んで今回売り出すのは『港湾』

日本の港湾は浅いため大型船舶の停泊が難しいという欠点があり
港湾ビジネス的には『大きくやって大きく儲ける』が出来ない。
大型船舶は沖合いに待機して小型船舶で陸揚げするしかない。
まあ、検疫や積荷の検査の能力が低いので合ってるのだが。


これを民営化したいのは判るが、金にならないから手放すのではなく
ちゃんと全国のいくつかの港を選択し、集中して予算をつければ良い。
その港は羽田や成田と同様、海の玄関として発展するだろう。
いや、日本の輸出産業もこうした中間経費が減れば海外流出に
ブレーキが掛けられるのでは?


で、今のまま民営化をすると、買いたがるのは
『上陸地点を探すモノたち』しか居ないのではなかろうか?
空母を建造し始めた国家とか、
留学生と言う名目の活動員を送る国家とか。
posted by あーりー at 04:54| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月04日

移民の賛否

少子化が騒がれて久しく、それが引き起こす社会的な影響の打開策として
必ず出てくる移民の話。
まあ、少子化を憂いつつも少子化に拍車を掛けている身としては
考えなくてはならないことだろう。

まあ、特定亜細亜人の特権は剥奪すべきだ、という論と
移民とは話を分けねばなるまい。
とか漠然と考えていたら、丁度タイミング良く悩ましい一件が。
そうサッカーアジアカップの決勝弾を放った男だ。

一つの論として、日本のためを思い、日本のために働く、
出来れば日本の言語や風習の理解まで至って欲しいが、
そのような人材であれば門戸を開放するのも良いかな…という考え。
便宜的に『開放主義者』と呼ぼう。
片や民族の『純血性』とまでは言わなくても、ムラ社会的感覚から来る
拒絶的な考え。便宜的に『純血主義者』と呼ぼう。

# 少数には乱暴に大解放路線というのがあるが、それは議論に値しない。
# c国犯罪団体を大量輸入するようなものだろう。

開放主義者の考えに則れば李選手はまあ合格点なわけだ。
純血主義者の考えに則れば李選手は日本国籍取得は無理なので
日本チーム合流は無く、彼の活躍も無かっただろう。


一度門戸を開くと子孫が残ることからして元の門戸を開く前の状態には戻せない。
A案かB案か、みたいな状況だが、少なくとも国民的コンセンサスというより
みんなが『混在でもいいんじゃない?』とか『混在は嫌だなあ』とかを考える
というステータスを超えないと決定してはいけないかな、と思う。


移民による弊害として現在は混在というより、
偏在してコロニー化していることが挙げられる。
料理で言うとダマになって溶けきってない状態。

まあ、実際同じ言葉を喋るもの同士でまとまるのは
自然な成り行きなのでそれはそれで仕方あるまい。

という2点を考えれば、移民を受け入れれば、
ほぼ必ずコロニーが出来て、境界などで諍いが起こるのだろう。

治安という観点からはNOだな。
現在でも問題は起きているので増えれば悪化する。
経済状況が悪化すると民族対立が街単位で起こるような
他国の状況も裏付けているなぁ。


あとは経済発展(というか衰退阻止)という観点からだが、
一時的なカンフル剤になるかも知れないが、その後を考えれば
子孫の問題、差別の問題、言葉の問題
(たとえばインフラの外国語表記、教育や社会制度の対応など)
への社会的な負担(金を掛けなくてはいけなくなる)なども考慮に入れ、
ホントに日本のためになるか精査するべきだろう。
精査の結果として経済的に日本の向上につながるとなったら

次は治安と経済のバーターをいかに取るか?
きっと治安維持にどれだけお金が掛かるかを費用便益分析した上で
経済効果が上回らなくては『純血主義者』を説得するのは難しいだろう。

しかし、それであっても純血主義者たちは開放主義者を金の亡者と蔑むかも知れない。
または純血主義者に任せておけば日本の国力低下やそれに伴う他国からの侵略の憂き目
なども考えに入れねばならないだろう。
つまりは日本の衰退や滅亡を選択するのか?と。

まあ、極論を随分と並べてみたが、感覚的な計算結果と感情的な面(国民性含む)から
日本には移民制度は馴染まないと思う。


客観的考察を心掛けたが、まあ自分が『純血主義者』であり、
移民反対なのでこんな結論にした、のだが。
posted by あーりー at 02:27| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月01日

アジアカップ

勝ったからこそ、後になって『ハラハラした』とか言えるのだろうけれど
今回の決勝戦を観ながら実感した。
『サッカーはガタイが大きい…というより脚が長いのは非常に有利だ』と。
いや、ゲームのルールからしてアタリマエなのだが、
増してオーストラリアチームが、その長所を生かしたプレーをする時間が多く、
そのために余計に印象に残った。

以前はサウジ戦で同様に思ったのだろうけれど、
今回のサウジはそれほど迫力が無く、
翻ってオーストラリアは優勝が掛かって気合いが充実していたのか
とても大きく眼に写った。

その見た目大分不利の中で、
耐え続けて伏線を張りまくり、隙を突いた
あのセンタリングとボレーシュートがとても美しかった。
逆に言えばオーストラリアは決定的なスキを作ってしまった心の敗北とも言えるかも。

ところで、あーいう決定的な瞬間は
スローモーションを観ているかのような感覚にならん?



Unofficial Football World Championships
なる英国のサイトでの世界一タイトル。
# ボクシングのように現チャンピオンに勝ったチームが
# 新チャンピオンというルールでサッカーの世界一を勝手に(?)決めている。
# 現在の世界チャンピオンは、日本。
# これまではWCを制したスペインにフレンドリーマッチで勝ったアルゼンチンに
# 先回勝利し、チャンプに。それ以来無敗の日本は世界王者防衛中。
ちょっと嬉しい。
posted by あーりー at 00:58| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月28日

就職活動開始時期

最近議論が多いこの話題。
よく目に付く論調が
『学生への授業や試験の時間が取れないので就職活動時期を変更してほしい』
という学校の要望に対し
『どうせほとんどの学生はサボって遊びやバイトに精を出すし、
 およそ学問を究めようなんてのは皆無に近い。
 だから、そんな時間を就職活動に充てるのは問題無いのではないか?』
という大衆の意見。

私は学校側に理があると思うが、その上さらに
後者のような下らない意見を世の中に発信する輩には恥を知れとも思う。
赤信号みんなで渡れば、なのか?いや、それ以下だな。

学生は勉強をしなくてはいけない。
現実に勉強をしない学生が多く居るのも事実だろうが、
サボって時間が出来るのなら、外力は勉強する時間に戻させるべきなのだ。
その正道を無視しているか無知なのか判別し辛いが、
邪道を推奨している意見なので、傾聴に値しないと思うし、
そんな思考しか出来ない人間には精神の堕落を感じる。

自分のことを言えば大学3年生の時なんて朝から夕方までの一日実験を含め
一週間朝から晩まで授業に埋もれていた上に、実験のレポートは次の実験の日まで。
そんな状況では到底就職活動なんて出来なかっただろう。

まあ、妥当な線は学校の休みに合わせることかと思う。
それこそ学生の休みは長いだから。


企業側の『少しでも優秀な学生を早期に確保したい』という思いの行方だが、
(企業にはキツイ言い方かも知れないが)社員の募集に応募してくる学生の質も
決算書類と同様『会社の成績表だ』と言いたい。

そしてよく言われることだが
『中堅企業にも優良企業はあるのに大企業や知名度の高い企業に学生が流れる』
という話。
その優良企業はイメージ戦略等が上手ではないので企業の力がまだ足りない、
という評価も出来るし
その優良企業は敢えて知名度を上げず、アホ学生が群がってくるのを避ける戦略
とも想像出来る。(面接や試験をする時間がもったいないからね)

後者は社会人に必須の情報収集力や分析力のある人材を採れる可能性が高い。


まあ、発散したが強引にまとめれば
学生はしっかり勉強しなさい。
企業はしっかり稼ぎなさい。
というのが基本としてあるのだろう。
そして、『基本が大事』と。
posted by あーりー at 01:34| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月24日

ソフトバンク

理解不能な会社であり経営者なのだが、
光の道関連での怒りはさておき
ふと思ったことだが、誰も言わなかったのかが疑問になった。
「借り賃が高い!と言うなら自分で(ケーブルを)張れば?」と。

日本では借りた褌で相撲は取っては(勝負をしては)いけないのだが
やはりあそこの会社の社長さんの生まれの中国には
そのような謂れは無いのだろう。

さて、昨日はNTTの営業委託会社から電話が来たらしい。
私の実家に。光回線に変えるように勧誘されたとのこと。
今日はソフトバンクテレコムの営業委託会社から電話が来た。
私の"職場に"。NTTの電話から乗り換えるように勧誘を…
どちらも『よく相手を確認しなさい』と思う。

ちなみにソフトバンクの電話担当者はウチの職場を
会社名からフルに名乗ったら絶句し戸惑い混乱し
再度確認をしたのか、「失礼いたしました」と電話を切った。
言葉の端に混乱から復帰できない雰囲気を残しながら。
posted by あーりー at 21:55| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月18日

世界の車窓から

「お手軽世界旅行」かつ
「集中力が持続する時間枠」という
私的にはとても評価の高い番組。
「芸能人が出てこない」というのも好感。

今日からシベリア鉄道。
乗って旅してみたい列車の一つだ。
大学時代の先輩の知り合いという他人の話だが
モスクワ(終点)まで7日間の旅の最初のウラジオストクで
荷物をすべて盗まれた、というおっかない列車でもある。
・パスポートの紛失は
→大使館へ行く。
・大使館はどこにあるか?
→モスクワ。
・モスクワへどうやって行くか?
→このままシベリア鉄道で。
・飲まず食わず着替え(防寒着)も無く?
→一緒に乗り合わせた人達の好意でイロイロ貰いながら過ごす。
モスクワへ着いたら大使館へ直行し観光もソコソコに東京直行便へ。
シベリア鉄道の旅を堪能したのでは?という話だ。

さて、今日は駅周辺、街の紹介の回。
…ロシア人のねーちゃんは私好みの美人だな。
ヨーロッパ人やアメリカ人を見て、そう思ったことは無いのだが
どこがどのように違うのかを説明する言葉は持ってない。
続いての感想。
ロシア人のばーちゃんの顔は恐いな。
なんというか日本の昔話の鬼婆みたいな感じ。
記憶の奥底の恐怖を呼び起こす。。。
失礼な表現で申し訳ないのだが、
自分の印象を素直に表すとこんな表現になる。

ん?街の紹介だったハズ。
「極東を征服せよ」なんて名前は
私をとても不愉快な気分にさせてくれるので
街自体は魅力的ではなかった。
posted by あーりー at 23:43| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

世論

何と読むか?
どう読むか?の方が大事な問題とも思うが、今日は小学国語の話題。

「これを『せろん』と読む」という人は普通かも。
その後に『アタリマエじゃないか』と続くと頭が固い人かな。
「『よろん』とも読む」と続けられる人こそ常識人かな。

んで私の小学生の頃の恨み言であるが、当時の担任は
私の読み「せろん」に対して「よろん」が正しい読みである。
と注意をした。
当時から素直かつ従順な私はもちろん読みと記憶を修正した。
「せろん」は間違い、「よろん」が正しい、と。

実生活上はどちらも使われているので
「よろん」と読めば疎通に困らなかった。

ところが「どちらも可」ということに気付いたのは20代の始め。
最近やっと「世論」という文字を「せろん」という読みが
頭の中で先に来るようになった。
(意識をすれば自分でシナプスを鍛えることは可能だが、
 子供のころのそれを修正するのに掛かる時間はデカイなぁ)

私はこの「世論」は「せろん」と読みたい。
それは正しく使われている時がたまにあるから。
# 「よろん」の言い間違いと解釈した方が正しく意味を汲み取れる時もあるので
# 単に世の中の論という意であればどちらも可であることから
# 「せろん」のみが正しいという主張には与しない。

んで、正当な出自は「輿論」(よろん)。
「世論」はそもそもが"世"を"輿"の代用として書かれたもの。
代用を示すために("輿"ではなく"世"を使用してますよ、という意味を含めて)
「せろん」と読むのが良いと自分は考えている。
だからマスゴミが「"世論調査"という名前の調査をしました」という場合には
「せろんちょうさ」と読むのが相応しいだろう。
※彼らは輿論の調査はしていないし。

そして、世の人々の考えや主義主張の分類やまとまりについて語る時には
「よろん」と呼ぶのが相応しいと考える。

端的にいえば
「せろんちょうさ」は有るけど「よろんちょうさ」は無く、
「せろん」に耳を傾けられないが「よろん」に耳を傾けることは必要と。
そんな使い分け。

そいで、冒頭の小学校の私の担任だが
「先生が必ず正しいわけではない」とか
「自分で正解を探すことの大切さ」とか
「日教組はホントにロクでもない」とか
様々に大事なことを正に身をもって示したのだから
パラドックス的ではあるが良い先生だったのかもしれない。

posted by あーりー at 23:13| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月17日

労働組合

今日は春闘に向けてサラリーマンっぽく集会に参加してきた。
議題は春闘の要求項目や活動方針。

しかし母数は定年退職で減耗し
新入社員の組織率は低下
派遣社員を社員登用で釣ろうとしているが上手くいってない、と

唯一の武器『数』が減っているのでトーンダウンしている感じ。
そろそろ労働組合も経営側との対立という立脚点から
労働者側からの経営提案集約組織とでも言おうか、
『分け前をよこせ!』から『分け方を変えよう!』という言い方へ
変化をしないことには存在意義が無くなってしまうと思う。

前は一様な働き方だったので獲物を取ること(給料増額)が目的だったが
今は多様な働き方が認められてきたので、(肉が欲しい毛皮が欲しいとあるから)
それに応じて仕事や給料を分配することが求められるし
経営側の分配方法を労働側は変更を求めるという様式へ
変えていったらどうだろうか、などと考えた。

# 労働側はなんでも全部欲しがりやがる!とか思う人も居るだろうけど。
posted by あーりー at 22:58| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月15日

義務教育ではなかったか?

何かと由来やら調べると突き当たる旧国名。
北海道旧14支庁(現14地方振興局)とかもすぐに忘れてしまう。
土地の名前は間違えると(人にもよるが)とても機嫌を損ねる。

んで、何故に旧国名が必要になるのかと聞かれると答えに詰まるが
まあ、興味だけでもない。

ネットワークインフラを整えるときに
既存ルートは要請を満たすか考える。
満たさない場合にはルートを新設する。
新設ではなくて旧道の再整備に近い時もある。
んで、歴史を調べるわけだ。
そしてぶち当たる『旧国名』

まあ、私のウチの傍を走る国道246号も
都心から順に青山通り、玉川通り、厚木街道、と名前を変えるが、
旧道も当然『どこそこへ向かう道』とか『あっちとこっちを結ぶ道』
という名前が付けられる。んで、それが旧国名だったりする。


まあ話がずれたついでにグルメの話をすると
土地の名産品などには旧国名が付いていたりするのは山ほどあるが
「ウマい!」と思っても、そいつの生まれや揚がった所が
分かるほうが、より楽しめたりする。

例えば「いよかん」をひらがなで書けば判らないが
「伊予柑」と書けば伊予国のみかんだと判り
更には伊予国の位置や地形を知っていれば、
その味がいかにして出来たかが(理科的な知識も必要だが)わかる。

とか書くと
「そんな大層な事を言わなくてもアタリマエの範疇だろ」と
突っ込まれるのは必至だな。


そう、アタリマエの範囲なのだ。旧国名の位置と名前くらいは。
それらの名前が付いているものが食べ物だろうと道だろうと
すぐに判るのがアタリマエなのだろう。
というわけで、そのアタリマエを復習しているのだな。
# 伯耆(ほうき)なんて初めて知ったのだが…

posted by あーりー at 17:59| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月14日

手持ちのカードが少ない

いや、『無い』に等しいのだが。
なんのカードかと言えば
『日本語能力を非常識なレベルまで持ち得ない人間に対応する方法』
なのだが。

書いてある日本語を見て欲しいのに
書いてない幻を見ていたり

日本語を喋って欲しいのに
妄言を語ったりする

今日はいい大人に対して
『この文章の主語は何かワカリマスか?』とか言いそうになった。
もちろん選択肢として誤り。
日本語がわからない人間に皮肉がわかるわけもないので
言ったところで真意は伝わらなかったと思われる。
または国語の授業を始めるとは思わないだろうから
話を逸らして時間を無為に過ごす不真面目な人間だと思われてしまったかも。

では正しい選択肢はなんだったのだろう?

という問いに答えが出てこないので
手持ちのカードが少ないという表題の嘆きにつながる。

posted by あーりー at 00:29| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月11日

テレビを見て

正月休みは寒かったのと天気が悪かったので
# 冬タイヤ未装備・・・
テレビを見ることが多かった気がする。
まあ付けっ放しというモノ。

んでちょっと感想を。
『江』
え?とか読みそうなくらい歴史とは距離がある。
笑う大天使の頃からの注目の上野樹里主演ということで期待。
しまった、大河ドラマの初回は大層な予告編なのだった。
次回以降ちゃんと観てみよう。
鈴木保奈美は…そうかぁもう普通に母親だったのだな、と
時の流れを感じたが、特に感慨も無い。
『レベルE』
一体いつの原作を引っ張り出してアニメ化してるのか…?
まあ好きな話なので観ていたが、展開があまりに遅い。
1クール12〜13回の放送でどれだけのエピソードが出せるん?
『リトルチャロ』
一体いつ帰れるのだ?

結局あまり観ていないことに気がついた。
今年もニュースとNHKと世界の車窓からしか観ない気がする。
posted by あーりー at 03:17| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月02日

あけましておめでとうございます

今年も宜しくお願いします。

新年の挨拶を済ませたところで、
大抵は新年の抱負とかを述べるのでしょうか?
初夢も見ていないし、書初めもしていない。
そんな人間は勝手に未来を語ってみるのが適当かと。


国内政治
きっと民主党が頑張るので衆議院の選挙は無いだろうな。
頑張って支持回復ではなく、延命に頑張るという意味だけど。

数的有利を作り出す動機から起こる政党の離合集散があるといいなあと期待。
####
ちょっと古い記事だけれどこんなのは良いかなと思う。
http://bizmakoto.jp/makoto/articles/1009/20/news001.html
※公明党と共産党の存在意義はブレないけれど。
####
う、ちょっと誤魔化してる気がする。気持ちとしては
昨夜の朝生での終了間際の片山さつき議員の言葉がぴったり。
『…解散してください!日々国益が失われているんです!!』

国際関連
・イロイロ書こうとしたが長くなった。
 まあ年末あたりにキナ臭くなってくるのでは?という予感。
 という適当なまとめに。

国内経済
・円高続いて、南アジアへシフトし、就業率低下は歯止めが掛からず
 家計消費は低調。
 消費税10%+インフレ圧力=>需要の先取りという名の需要喚起策か!?

その他
・「はやぶさ」がフィーバーした。良くぞ還ってきた!と。
 技術屋としてはわずかな残り資源で地球へ戻したことに
 ビジネスマンとしてはオーストラリアの砂漠へ狙って落として回収まで完遂したことに
 喜びを感じた。
 次を考えているらしいが、物理で高額な粒子加速器の成果を利用していたクチからすれば
 それらの技術は純粋に理学の発展への寄与も大事だが、他の方面への寄与も大事。
 粒子加速器は重粒子線によるガン治療、観測機械は微量粒子の解析(ヒソを解析してた)へ。
 なので、地球の成り立ちを研究するのも大事だが、他に役立つ方面を考えてみよう。
 たとえば、衛星軌道から狙った場所へモノを落とす技術。
 危険な発想に結びついてしまったので、別な人に考えてもらおう。
 別な部分。衛星表面へ弾丸を撃ち込む…無人、遠隔、プログラムによる補助。
 どうも危険な発想から離れない。
 次の技術は弾丸を鉄球ではなく火薬付にして、衛星表面を爆破してから内部物質の取得を
 目指しているそうな。頑張れ。
 決して原子力発電のゴミ処分のアイデアとして宇宙に捨てるというのがあったとか
 思い出したわけではない。

ウチの会社
・グループ全体としては変動はなさそう。
 光の道騒ぎは次のURLの方が丁寧に解説してくれている。
 http://wnyan.jp/185
 結構あちらこちらで引用されているページ。

通信業界
・IPv4の枯渇到来?
 結構前から騒がれているが、今回は需要曲線と閾値の交点という話題ではなく
 ホントにアドレス空間が売り切れ直前まできたようだ。
 IPv6への移行もそれほど進んでいない現状ではおそらく
 NTT東はBフレッツの利用者を西はフレッツ光の利用者を
 フレッツ光ネクストへ移行を強くお願いすると思われる。

・他サービスとの融合
 固定と移動体のシームレスな接続とか通信と放送の融合とかの話題。
 まあ縦割りと既得権益への固執と見えてしまうかも。なかなか上手くいかない。
 グループフォーメーションとしてはKDDIに利がある(はずだ)けど…他社のことは不明。
 (KDDI(固定)+AU(移動体)/KDDI+JCOM等ケーブルTV各社)

自分
・占い師は自分の未来を見ないらしいので考えない。
 目標としては『日本酒に強くなる』としておくか。
posted by あーりー at 08:14| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月20日

映画を観た

今日は会社の指令でeco検定を受験してきた。
受験が指令なので合格を求められてない。
当然の流れなのだが制限時間2時間の所を
1時間程度で退出してきて映画鑑賞をしてきた。

さて、何を観ようか…と悩む。
エクスペンダブルズ…は終わってる。
探す…

ヤマトがあった。

155分(本編正味140分)。結構長いな、と思いつつ観る。
感想。出来の良い学芸会だ。

アニメを実写にした止むを得ない部分は差引いても、
あまり気に入らないキャスティングがあったり
ちょっと駆け足すぎた展開だ。

後者の感想は逆の捕らえ方をすれば、正味2時間以上なのに
それを感じさせない出来だ、とも言えるかも。
ちなみに冒頭の評価だが
大人が金をかけた学芸会にしては存外に良い、という意。
posted by あーりー at 00:47| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月06日

記憶の片隅で

旧い友人から電話が掛かってきた。
忘年会などの言い訳で飲みに行こうかという話が二番目の話題。
一番目の話題が『○○という生徒は同じ学年に居たか?』という質問。

難題だ。なんせ同学年は600人から居た学校。
そして学校を卒業してからは音沙汰なしの自分なので
記憶の掘り起こしを随分してこなかったリストだからなぁ…

『無理。居なかった気もするし、居たと言われても否定はしない』
名簿はあるのだが、いかんせん別ロケーションにあるので検索不可。


つまりは現在私の脳みその動きとして必要なときに必要な情報を
引き出せるようには出来ておらず、「あそこに書いてある」という
地番情報だけが残っているようだ。

構わない、という意見があることも知っているし、
自分も半分くらいはそう思っているが、
昔出来た事が出来なくなっているのがもどかしい。


さてと、どうも差別なり区別なりを感じていることがあるのだが、
私の発言はどうも信憑性が著しく低いようだ。周囲の人との比較だが。

ある種一見(一聞?)してにわかに信じ難い事柄を発言するときに
ある人は別人に確認したり、「ホントに〜??」と疑念を顕にする。
またある人は別人の言うことであれば疑念を挟むことも無いのに
私が語る場合には疑念を挟む、
というような事象を差別なり区別なりに感じた、と表現したわけだが。

自分が不勉強であるのは自覚があるので、その部分は良いのだが
どうも自分にとって既知の、そして他人よりは時間を割いた分野で
自分の言葉に信憑性を与えられない
自分の"言葉遣いのスキル"に不安を感じる。
まあ、被差別感やら妄想といえばそれまでだが、
そんな言葉に対して十分に根拠を出してやれる反射的な脳みそが
今の自分の周辺環境からは必要なわけで、脳みその衰えが死活なんだな。

posted by あーりー at 03:20| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月10日

やきう

野球が盛り上がった。
残念ながらロッテが勝っても感慨は無い。
この後のFAフィーバーで来年は全く違うチームだろう。

日本シリーズやらドラフト会議やら身売りやら大騒ぎした気がする。
なんだかんだ言っても大手マスコミの持ち物だから
大事に精一杯宣伝に使おうという目論見か?

職場のタバコ部屋で誰かが言っていたが
今の日本では子供にやらせるのには野球が良いと。
ゴルフは金が掛かるしサッカーは稼げない上に寿命が短いと。
イロイロ突っ込むところがあるが
こんな風に考える日本の親たちが多く居るのを前提にすれば
野球もしばらくは衰退しないのかなと期待出来る。

posted by あーりー at 02:07| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月03日

さて何を書こうか

先ほど宮古島から帰ってきた。
友人の結婚式だが、うまいこと休みが取れる日程で
そして普段の私からすれば行くことが(選択肢に)無い
というダブルで嬉しい
結婚式も含めてトリプルか。

式の翌日は宮古島観光。
気候はおよそ普段の9月の残暑程度。(20℃代後半の気温)
自分的にはあまり快適ではない気温。
レンタカーで移動なので文句は全く無い。

東平安名岬が爽快だった。
約360°の海、突風の荒さ、絶海に一人立つような気分。
端っこ(岬)好きのスポットなのか灯台の上で聞こえる地名が
潮岬やら竜飛崎やら。

2番目のヒットは飲み屋。
2000円で飲み放題食い放題。なんつーいい加減さ(笑)
家庭料理感覚のつまみ。ゴーヤチャンプルとか唐揚とかが並ぶ。
〆の味噌汁を飲んでいて気づいたのが「豆腐が旨い」

後で気づけば雪塩なる塩が作られていて、それは
ミネラル豊富でギネスにもあるらしい。
?それはさらにたどればサンゴから来るミネラルか?

んで、良い塩が作れる海水があるなら「にがり」
だって良い筈だよなぁ・・・テーブルにある塩で気づくべきだった。


近隣の島にも橋が架かっていて渡れるようになっている。
きっと以前は船で行き来していたのだろう。
約2kmの距離だからひょっとしたら島を越えて高校に通ったり
していた可能性もある。
そんな橋がまた一つ作られているようだ。
橋脚によるサンゴ礁へのダメージと人の生活の安全とを考えたら
#沖縄県は長寿だし老人多いからその配慮は特に要るだろう
なんて考えながら特別会計斬りを演出する政治パフォーマーに
怒りが沸いてきたりした。

「島」に初めて行ったので島の楽しさが分かった気がする。
沖縄本島では味わえないであろう狭さや自然からうける影響の比率の高さ。


最後に私が宮古島で一番良かったと感じたもの、
大空。
海が綺麗と言われた(確かにグリーンの海は綺麗でした)が、
それ以上に狭い青空しかほとんど見ないし、たまにみる綺麗な空は
大抵夜の峠なので星空。

海の青と空の青に挟まれて「ああ何も無い」というのが新鮮だった。
→船に乗れとか言われそうだ。
posted by あーりー at 00:53| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月20日

映画を観た

十三人の刺客。

良かった。

最近の腑抜けた時代劇連発の中で輝かんばかりに秀逸!
と自分の中では絶賛したのだが、後で旧作のリメイクと知り
若干(二重に)恥じたが、作品の出来や価値は変わらない。

先ずは稲垣ゴローちゃんの悪っぷりがとてもムカついて良い!
勧善懲悪なのだから悪者は徹底的にワルであり憎まれるべきだか、
素晴らしく最後までシレっとした悪ぶりがたまらない。

チャンバラ(殺陣)が良い!
交換用の刀は待ち伏せ場所のそこいらじゅうに置いておき、
2〜3人切ったら交換。派手さの中にもリアルだった。
マイナス要素は火薬が効き過ぎている点だが、
派手な爆発が大好きな私としてはマイナス点を払拭する得点。

思考回路が私にフィット。
江戸から明石へ行く道中のどこで攻めるか!とか
十分策を練っても最後の詰めの二択は賭けだ!とか。
(もちろん他の選択肢を潰しておく策とか、
 行動の読み合いとか、諸々のチャンバラ前の戦いが面白い)

たのしい2時間強だった。
posted by あーりー at 01:25| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月04日

あまりに気になった

昨日は渋谷で飲んだ。
それは良い。
一緒に飲んだ友人がビラを一枚出す。
どうもポケットで邪魔だったようだ。
「尖閣諸島は日本固有の領土です」などなど書いてあった。

『何を今更アタリマエのことを書いてるのだろうか?』と疑問を呟く。


帰宅してネットを見て驚く。
“情報封鎖?言論統制?”

渋谷で2600人のデモがあったようだ。
民主党コメントも国内マスコミもネット記事も何もなし。
中規模だが毛皮反対と異なり旬の話題のはず。
というよりCNNや国外マスコミが大きく報道していたようだ。
(上記のビラはその時に配られた物らしい。)

国内マスコミの非道さも随分進んだねぇ。。。
posted by あーりー at 02:59| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。